BLOG

2016.11.27アール・デコの講演会in 岡山

11/26 「世界を魅了したアール・デコ」と題した建築講演会が岡山県立図書館で開かれました。

講師は横浜国立大学名誉教授 吉田 剛市氏 建築史専攻の博士でアール・デコの研究者です。

岡山では旧中国銀行本店が内外装ともアール・デコ様式でした。一部は現在の建物に残されています。

20世紀の初めから第二次世界大戦までの間の経済の成長期にそれに合わせるようにして使われたデザインです。確かにニューヨークのクライスラービル(アール・デコ)を見るとその感じどんぴしゃりです。

日本では最近修復公開された、東京都庭園美術館(旧 朝香宮邸)、日本橋三越が有名です。

簡単に言えば必要でないものが装飾としてくっついているわけですからお金に余裕がないとできない、

ちょっと バブリーな時代の反映としての建築のデザインといえるかもしれません。